野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

球宴ファン投票と選手間投票、“違い”出た7ポジションは? ロッテは0のまま…

「マイナビオールスターゲーム2018」の選手間投票結果が28日に発表され、巨人の菅野智之投手、阪神の糸井嘉男外野手ら7選手が新たに選出された。つまり、ファン投票と選手間投票は7つのポジションで“違い”が生まれたことになる。

阪神・糸井嘉男【写真:荒川祐史】
阪神・糸井嘉男【写真:荒川祐史】

新たに7選手が選出、菅野はファン投票では松坂に負けるも選手間投票は大差で1位

「マイナビオールスターゲーム2018」の選手間投票結果が28日に発表され、巨人の菅野智之投手、阪神の糸井嘉男外野手ら7選手が新たに選出された。つまり、ファン投票と選手間投票は7つのポジションで“違い”が生まれたことになる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 選手間投票に参加しているのは、12球団の支配下登録選手全員。投票の対象となる選手は各球団が選出したファン投票リスト記載の30人で、セ・リーグ9ポジション9人、パ・リーグ10ポジション(DH含む)10人に票を投じる。一緒にプレーしている選手が、今季活躍している選手、“凄い”と肌で感じる選手を選んでいるということになる。

 セ・リーグの投手部門は、ファン投票では今季復活を遂げた松坂大輔投手が39万4704票を集めた。途中までは菅野と接戦を演じていたが、最後は15万516票差をつけて選出。絶大な人気をあらためて証明した形だ。ここまで7試合登板で3勝3敗、防御率2.41という成績ながら、過去の実績、そして今季の復活劇からファンの支持を集めたことも納得できる。

 一方で、ファン投票では菅野が385票を集め、65票の松坂に大差をつけた。今季も13試合登板で8勝4敗、5完投3完封、防御率2.13と好成績をマーク。リーグNO1の実力者であることは誰もが認めるところだろう。選手間投票では圧倒的な支持を受けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」