野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • スプリットは「大魔神」の本で勉強―大活躍の平野佳寿、宝刀の“ルーツ”明かす

スプリットは「大魔神」の本で勉強―大活躍の平野佳寿、宝刀の“ルーツ”明かす

ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が圧巻の活躍を続けている。27日(日本時間28日)の敵地マーリンズ戦では7回の1イニングを3者凡退に抑え、球団タイ記録となる24試合連続無失点を達成。18ホールド目を挙げて2-1での勝利に貢献した。

球団タイ記録となる24試合連続無失点を記録したDバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
球団タイ記録となる24試合連続無失点を記録したDバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

驚異の23試合連続無失点、快進撃を支える決め球スプリットの“秘密“

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が圧巻の活躍を続けている。27日(日本時間28日)の敵地マーリンズ戦では7回の1イニングを3者凡退に抑え、球団タイ記録となる24試合連続無失点を達成。18ホールド目を挙げて2-1での勝利に貢献した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 上原浩治(現巨人)がレッドソックス時代の2013年にマークした日本人記録の27試合連続無失点にも「4」とし、防御率は驚異の1.25。米国でも徐々に注目度が高まっている右腕が、直球の制球力とともに高く評価されているのが、落差のあるスプリットだ。本人は米データサイトの取材に対して、宝刀の“ルーツ”を明かしている。

 平野のスプリットについて特集を組んだのは、米データサイト「ファングラフス」。その中で、通訳を介して取材に答えている右腕は「スプリットを投げ始めたのは日本でプロになってからです」と明かしている。大学時代にはスプリットを投げなくても打者をアウトにできたため、直球とスライダーがあれば抑えることができたというが、オリックス入団後に「落ちる球種の必要性」を感じたという。

 本人が“お手本”として名前を挙げているのが、「大魔神」こと佐々木主浩氏。大洋・横浜で絶対的な守護神として君臨し、2000年からはマリナーズでも4シーズン活躍。メジャーでも1年目から3年連続53セーブ以上を挙げるなど、結果を残した。平野は「フォークを投げる投手として有名でした」と話し、佐々木氏の本でフォークの投げ方を勉強したと振り返っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」