野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神・能見篤史、史上2位の高齢で100勝到達 虎の左腕では3人目

阪神の能見篤史投手は6月28日の横浜戦の8回裏に登板、1安打を許したものの3奪三振で抑えた。9回表に決勝点が入り、今季2勝目。これがNPB135人目の通算100勝となった。

阪神・能見篤史【写真:荒川祐史】
阪神・能見篤史【写真:荒川祐史】

リリーフで今季2勝目 先発から救援に回り新境地

 阪神の能見篤史投手は6月28日の横浜戦の8回裏に登板、1安打を許したものの3奪三振で抑えた。9回表に決勝点が入り、今季2勝目。これがNPB135人目の通算100勝となった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 能見は鳥取城北高、大阪ガスから2004年自由獲得枠で阪神に入団。ダルビッシュ有や涌井秀章、金子千尋とドラフト同期だが、社会人で6年プレーしていたため入団時すでに25歳だった。

 即戦力左腕と期待されたが、4年目までは先発、救援両方で起用されるも4勝どまり。5年目の2009年に28登板、25先発で13勝9敗を上げ、以後、先発の柱として活躍してきた。2012年には172奪三振で、最多奪三振のタイトルを獲得している。

 今季も先発でスタートしたが、不振で5月11日の登板後に2軍落ち。6月5日に1軍復帰してからは中継ぎ投手に配置転換される。今季は先発では3試合0勝2敗、防御率7.53だったが、救援では9試合2勝2ホールド、防御率1.00と素晴らしい出来。14年目のベテランは新しい境地を開こうとしている。

 能見は松坂世代より1歳年上の1979年5月28日生まれ。39歳1か月0日での100勝は、2007年7月6日、同じく阪神で39歳1か月19日で100勝を達成した下柳剛に次ぐ史上2位の高齢記録だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」