野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、秋山5回途中8安打6失点KO 2番手・岩崎も痛打、6連打浴び逆転許す

阪神の秋山拓巳投手が29日、神宮球場で行われたヤクルト戦に先発。4回1/3、8安打4失点で降板し今季6勝目を逃した。

ヤクルト対阪神の試合経過
ヤクルト対阪神の試合経過

3点リードの5回に秋山、岩崎が一挙4失点

■ヤクルト – 阪神(29日・神宮)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神の秋山拓巳投手が29日、神宮球場で行われたヤクルト戦に先発。4回1/3、8安打4失点で降板し今季6勝目を逃した。

 秋山は初回。1死一、二塁からバレンティンに左前タイムリーを浴び先制を許す。それでも味方打線は2回に俊介の2ランで逆転に成功すると、3回には陽川の3ランで追加点を奪いリードを広げる。

 だが、3回に1点を失うと、4回には先頭の坂口に一発を浴び3点差に詰め寄られる。さらに5回は1死から青木、山田に連打を浴び一、三塁のピンチを招くとバレンティンに左前タイムリーを浴び4点目を失ったところで降板となった。

 2番手には岩崎がマウンドに上がったが、雄平に左前タイムリーを浴び1点差に。さらに坂口に右前打を浴び1死満塁とすると続く川端には左前へ2点タイムリーを浴びこの回6連打を浴び一挙4点を失い逆転を許した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」