野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神、岩貞わずか7球で危険球退場 初回にヤクルト青木の頭部に直球が直撃

阪神の岩貞祐太投手が30日、敵地ヤクルト戦の初回無死二塁から青木に頭部死球を与え危険球退場となった。

初回、ヤクルト・青木が頭部死球を受けて負傷交代
初回、ヤクルト・青木が頭部死球を受けて負傷交代

味方打線は初回に6点を奪い援護したが…

■ヤクルト – 阪神(30日・神宮)

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神の岩貞祐太投手が30日、敵地ヤクルト戦の初回無死二塁から青木に頭部死球を与え危険球退場となった。

 初回に味方打線が6点を奪いその裏。先頭の西浦に左中間二塁打を浴びると、続く青木へ1ボール1ストライクからの3球目、ストレートが頭に直撃。岩貞はわずか7球で危険球退場となった。青木は担架で運ばれ代走・雄平が送られた。阪神は2番手に才木がマウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」