野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA浜口、1イニングで4連続押し出し四球含む7四死球…3回途中6失点でKO

DeNAの左腕・浜口遥大投手がまさかの大荒れで自滅し、3回途中6失点でKOされた。

DeNA・浜口が大乱調で降板
DeNA・浜口が大乱調で降板

申告敬遠後に4連続押し出し四球、投手の岡田にも押し出し

■DeNA – 広島(1日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAの左腕・浜口遥大投手がまさかの大荒れで自滅し、3回途中6失点でKOされた。

 2回に會澤のタイムリーで先制を許した浜口。その裏、筒香のソロ本塁打で打線がすぐに追いついたが、3回にまさかの大乱調に陥った。

 先頭・田中にフルカウントから6球目で死球。二盗を許すも、菊池はニゴロで1死三塁とされる。続く丸はカウント3-1からチェンジアップが高めに外れて四球。鈴木に適時二塁打を浴びて、勝ち越された。

 松山は投ゴロで2アウト。二、三塁となり、バティスタは申告敬遠で満塁策を取ったが、ここから大崩れした。

 西川は3球でカウント1-2と追い込むも、ここから粘られ、最後は8球目の145キロの直球が外れて押し出し。會澤も3球目までに追い込みながら、フルカウントから7球目のチェンジアップがワンバウンドとなり押し出し四球となった。さらに、投手の岡田にもフルカウントから6球目の直球がワンバウンドとなって押し出し。田中には1球もストライクが入らず、4者連続押し出し四球とまさかの結果になった。

 浜口はここで降板。申告敬遠を含めると、3回の1イニングだけで7四死球を与え、5失点。2回2/3を4安打8四死球6失点という失意の登板となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」