野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト寺島、プロ2度目の先発も“ホロ苦”KO 2回4安打4四球6失点で降板

ヤクルトの寺島成輝投手が1日の阪神戦でプロ2度目の先発登板。しかし、2回4安打6失点2奪三振4四球と崩れてKOされた。

寺島が大乱調で6失点KO
寺島が大乱調で6失点KO

今季初登板も…2回に一挙6失点でKO

■ヤクルト – 阪神(1日・神宮)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ヤクルトの寺島成輝投手が1日の阪神戦でプロ2度目の先発登板。しかし、2回4安打6失点2奪三振4四球と崩れてKOされた。

 寺島は初回は糸原を二ゴロ、熊谷を空振り三振、ナバーロを中飛と3者凡退のスタート。しかし、2回に早くもつかまった。

 先頭の陽川は空振り三振も、俊介に先制ソロを被弾。原口はライト前ヒット、北條は遊ゴロ、中谷、小野は連続四球で2死満塁に。ここで糸原にレフトへの2点タイムリーを浴びた。

 さらに、熊谷には四球で再び満塁。ナバーロに押し出し四球を与えると、陽川にはライト前へのタイムリーでさらに2失点。三塁を狙ったナバーロを雄平が刺してチェンジとなったが、計6失点でKOとなった。

 2016年ドラフト1位の寺島は、昨年9月30日の中日戦で1軍デビューも3回5安打3四球3奪三振5失点で降板。その時以来プロ2度目の1軍マウンドとなったが、またしてもほろ苦いものとなった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」