多くの球団が頭を悩ます三塁手事情 元巨人・村田獲得に乗り出す球団は?

DeNA・宮崎敏郎【写真:荒川祐史】
DeNA・宮崎敏郎【写真:荒川祐史】

ソフトバンク松田、西武中村が今季大不振

 長嶋茂雄、中西太、藤村富美雄、掛布雅之、小久保裕紀、原辰徳……。彼らに共通するのは、「三塁手」であるということ。名だたる名選手の名が挙がり、ホットコーナーとも呼ばれてチームの中心選手がそのポジションを担うことが多い。

 先に名前を挙げたように、歴代の三塁手たちは強打者揃いである。長嶋茂雄氏に代表されるように「4番・サード」は花形だった。ところが、今季のプロ野球では、その三塁手が“人材不足”となりつつある。

 近年の球界を代表する三塁手として、その筆頭に名前が挙がっていたのはソフトバンクの松田宣浩だろう。侍ジャパンの常連として名を連ねてきた“熱男”だが、今季は大不振に苦しんでいる。ここまで71試合で252打数54安打14本塁打36打点、打率.214と低調。1日のロッテ戦では5回終了で途中交代を命じられた。

 もう1人、近年で強打の三塁手として名前が挙がるのは、西武の中村剛也。通算360本塁打を放っているスラッガーではあるが、こちらも今季は大不振。29試合で99打数13安打3本塁打8打点、打率.131となっている。西武では売り出し中の外崎も三塁手を守っており、こちらの方は打撃成績を残している。

 外崎とともに結果を残し、現在球界でナンバー1と言える三塁手はDeNAの宮崎敏郎だろう。昨季のセ・リーグ首位打者は今季も打率.321のハイアベレージをマーク。今季はすでに昨季に並ぶ15本塁打を放っており、パンチ力もアップした。

昨季ブレークした広島の安部も今季は苦戦が続く

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY