野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ボーンヘッドの応酬!? 「いつも通りの」4-3-7-2ダブルプレーって…

ボーンヘッドの応酬!? 「いつも通りの」4-3-7-2ダブルプレーって…

2日のツインズ対ブルワーズ戦で、送球が4人もの野手を経由して併殺が成立するという、きわめて珍しいプレーがあった。MLB公式動画サイト「Cut4」のツイッター公式アカウントが映像付きで伝えている。

ホームでタッチアウトになったブルワーズのアギラル【写真:Getty Images】
ホームでタッチアウトになったブルワーズのアギラル【写真:Getty Images】

珍プレーで始まり、サヨナラ押し出しで幕切れ…

 2日のツインズ対ブルワーズ戦で、送球が4人もの野手を経由して併殺が成立するという、きわめて珍しいプレーがあった。MLB公式動画サイト「Cut4」のツイッター公式アカウントが映像付きで伝えている。

【PR】イチロー&菊池雄星の凱旋に期待のMLB日本開幕戦も放映! 野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 1回裏、ブルワーズは1死一塁で、4番のトラビス・ショーの打球は二塁ベース右への当たり損ねのゴロ。一塁走者のアギラルが塁間で立ち止まったため、ツインズの二塁手ドージャーは一塁へ投げ、打者走者をアウトにした。

 一塁手のマウアーは、さらにアギラルを刺そうと二塁へ送球。そのボールが走者のアギラルに当たり、左翼方向へ転々とした。アギラルはそれを見て三塁を蹴り、一気に本塁へ突入したが、転がった球を拾った左翼手からの返球でタッチアウト。なぜかホームで「4-3-7-2」という珍しい併殺が完成することになった。

「Cut4」が動画につけたツイートは「単なるいつも通りの4-3-7-2ダブルプレー」。公式サイトの記事では「ひとつのプレーがありふれたような光景から始まったとしても、それがありふれたまま終わるとは限らない。彼らが4-3-7-2の珍しい併殺プレーを敢行していただけとは、我々にとって知る由もなかったのだ」と、毒をきかせたブラックジョークで、ボーンヘッドが重なって成立したこの併殺プレーを報じた。

 こんなドタバタで始まった試合は、ツインズが4番グロスマンの満塁弾でリードを奪いながら追いつかれ、延長10回裏、最後はサヨナラ押し出し四球でブルワーズの逆転勝ち。最後までバタバタした幕切れになった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」