野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2軍で打率4割を――大胸筋断裂を乗り越え西武入り、甲子園優勝ドラ2の現在地

交流戦を10勝8敗の6位で終え、パ・リーグ首位をキープしている埼玉西武。そんな中、6月13日には、2016年のドラフト1位、今井達也投手がプロ初登板初先発で初勝利をマーク、6月15日には高卒4年目の山田遥楓内野手が今季初昇格を果たすなど、10年ぶりの優勝に向けて若手選手の活躍にも期待がかかる。

西武・西川愛也【写真:篠崎有理枝】
西武・西川愛也【写真:篠崎有理枝】

花咲徳栄高で甲子園優勝「今までの人生で一番うれしかった」

 交流戦を10勝8敗の6位で終え、パ・リーグ首位をキープしている埼玉西武。そんな中、6月13日には、2016年のドラフト1位、今井達也投手がプロ初登板初先発で初勝利をマーク、6月15日には高卒4年目の山田遥楓内野手が今季初昇格を果たすなど、10年ぶりの優勝に向けて若手選手の活躍にも期待がかかる。1軍を目指す若獅子たちを紹介する企画の第2回は、昨年の夏、花咲徳栄高のメンバーとして甲子園を制し、2017年ドラフト2位で入団したルーキー、西川愛也内野手だ。

 花咲徳栄高では2年春・夏、3年夏の3度、甲子園に出場。3年夏には埼玉県勢初となる夏制覇を成し遂げた。初めて甲子園の舞台に立った時は緊張して打席の記憶がなかったというが、3度目だった3年の夏には大舞台にも慣れ、甲子園優勝を「今までの人生で一番うれしかった」と振り返る。

「初めて甲子園に出た2年の春、試合後の取材で『打った球は何ですか』って聞かれて『初球のスライダーです』って答えたんですけど、後で試合の映像を見たら3球目だったんです。ヤバかったですね(笑)。3年の夏は優勝を目指すというよりも、目の前の1戦1戦を考えて戦っていました。優勝できた時は、これまでやってきたことが報われたと思いました。あれよりうれしいことは、これからもないと思います」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」