野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、5点差をひっくり返す逆転勝利! ロッテは痛恨、2連敗で5位転落

西武が5点ビハインドから打線が爆発し逆転勝利。9日、本拠地ロッテ戦を11-5で勝利した。5点を追う3回に4安打を集中し5点を奪い同点に追いつくと、6回に浅村の勝ち越しタイムリー、森の9号3ランで4点を奪い勝ち越しに成功した。

3ランを放った西武・森【画像提供:(C)PLM】
3ランを放った西武・森【画像提供:(C)PLM】

先発今井が2回途中5失点で降板も打線が爆発

■西武 11-5 ロッテ(9日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 西武が5点ビハインドから打線が爆発し逆転勝利。9日、本拠地ロッテ戦を11-5で勝利した。5点を追う3回に4安打を集中し5点を奪い同点に追いつくと、6回に浅村の勝ち越しタイムリー、森の9号3ランで4点を奪い勝ち越しに成功した。

 先発の今井がプロ最短となる2回途中5失点で降板し5点ビハインドも西武打線には関係なかった。3回に2死満塁から外崎が押し出し四球を選び1点を返すと、続く栗山が左中間へ走者一掃の二塁打、中村の左前タイムリーで一挙5点を奪い同点に追いつく。

 さらに同点で迎えた6回は1死三塁から浅村が中前適時打を放ち勝ち越しに成功すると、1死一、三塁から森が左翼席へ9号3ランを運び一挙4点を奪った。7回には源田の2点タイムリーが飛び出しリードを広げた。

 ロッテは先発の渡邊が5点リードを守れず3回6安打5失点で降板。6度目の先発もプロ初勝利はお預けとなった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」