日本ハム有原、復活の白星 リリーフ経験経て「真っ直ぐの大事さ分かった」

日本ハム・有原航平【写真:石川加奈子】
日本ハム・有原航平【写真:石川加奈子】

5月27日西武戦以来の先発で7回5安打1失点と好投

■日本ハム 10-1 ソフトバンク(9日・東京ドーム)

 大きな価値のある勝利だった。日本ハムに頼もしい右腕が帰ってきた。日本ハムの有原航平投手が、5月12日以来となる今季5勝目をマークした。9日、東京ドームで行われたソフトバンク戦。5月27日の西武戦以来の先発マウンドに上がった右腕は、難敵ソフトバンク打線を力でねじ伏せた。

 初回1死一塁で柳田を一ゴロ併殺打に打ち取ると、そこからテンポよくアウトを積み重ねて行った。7回に内川にソロ本塁打を許したが、失点はこれだけ。散発の5安打。わずか85球という球数の少なさで7回を投げ抜き、チームに勝利をもたらし「前半戦はチームに迷惑をかけたので、後半戦は勝っていけるように頑張りたい」と語った。

 今春のキャンプで右肩の炎症を訴えて出遅れた有原。4月14日のオリックス戦で今季初先発したが、不振に苦しんだ。8試合で4勝1敗と白星こそ挙げても、防御率は6.38。5月29日に出場選手登録を抹消されると、1軍復帰後は中継ぎ、抑えに配置転換された。

 リリーフで4試合に登板。2セーブ1ホールドをマークしたが、この間に、有原自身があるキッカケをつかんだ。「真っ直ぐの大事さが分かった。カットボールに頼るのではなく、真っ直ぐをしっかり投げてこそカットボールが生きてくる」。変化球を生かすための、ストレートの重要性に気付かされた。さらにはヒーロインタビューでは「中継ぎの大変さ、ゲームに入る大変さもわかりました。すごく勉強になった」とも語った。

 久々の好投の要因を問われた有原は「真っ直ぐが強くてファールが取れたことが1番かなと思います」と、この日の投球を振り返った。「優勝するためには、どこかで有原が活躍しないといけないと思っている」と栗山英樹監督は言う。Vへのキーマン、有原航平の復活は、1勝以上に大きな意味を持ってきそうだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY