野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • アストロズ「アンビリーバブル!」な結末で逆転勝利 衝撃の珍プレー飛び出す

アストロズ「アンビリーバブル!」な結末で逆転勝利 衝撃の珍プレー飛び出す

昨年のワールドシリーズ王者アストロズが10日(日本時間11日)の敵地アスレチックス戦で、延長11回に相手の衝撃的なエラー連発から決勝点を挙げるという前代未聞の結末を迎えた。

ブレグマンの一打から試合は思わぬ結末を迎えることに…【写真:Getty Images】
ブレグマンの一打から試合は思わぬ結末を迎えることに…【写真:Getty Images】

相手の送球ミスで同点、ボテボテの捕ゴロがまさかの…

 昨年のワールドシリーズ王者アストロズが10日(日本時間11日)の敵地アスレチックス戦で、延長11回に相手の衝撃的なエラー連発から決勝点を挙げるという前代未聞の結末を迎えた。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 5-5で迎えた延長11回、1死二塁の場面で打席に立ったのはブレグマンだった。相手右腕トレイネンが投じた4球目外角低めの98マイル(約158キロ)シンカーを振ると、打球は捕手の前に転がるボテボテの当たりとなった。

 ホームベース付近で跳ねた打球が笑撃のドラマを生んだ。ファウルゾーンに転がるかに見えた打球は、鋭いスピンがかかってフェアグラウンドへ。右手で打球を掴んだ捕手ルクロイはブレグマンの胸にタッチしようとしたが、ボクシングのスウェーバックのような俊敏な反応で避けられてしまった。すると動揺したのか、ルクロイは手からボールを落としてしまった。

 捕ゴロの危機から一転、ブレグマンは一塁に猛然とダッシュしたが、それでも一塁ベースは遠い。捕球し直したルクロイは余裕を持って一塁へ送球したが、今度はなんとボールがブレグマンのヘルメットをかすめる珍事が発生。わずかに逸れた送球を、試合中に左翼から一塁に回ったカーナが捕球できず。二塁走者のタッカーが、まさかのサヨナラホームインとなった。

 エラーの連続でアストロズに転がり込んだサヨナラ勝利。衝撃の珍プレーからの大逆転劇に、地元テレビ「AT&Tスポーツネット」の実況も大興奮で、「アンビリーバブル!」と絶叫を繰り返すしかなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」