野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 和歌山の伝統校・向陽を支える背番号「2」 「去年の自分なら余裕はなかった」

和歌山の伝統校・向陽を支える背番号「2」 「去年の自分なら余裕はなかった」

第100回全国高等学校野球選手権記念和歌山大会は大会第4日目。1回戦・第3試合は向陽が和歌山高専を5-0で破り2回戦に進出した。名門を支える背番号「2」が存在感を発揮した。

向陽高校の正捕手を務める城朋弥【写真:沢井史】
向陽高校の正捕手を務める城朋弥【写真:沢井史】

1年秋からレギュラーを獲得し主将を務める城朋弥

 第100回全国高等学校野球選手権記念和歌山大会は大会第4日目。1回戦・第3試合は向陽が和歌山高専を5-0で破り2回戦に進出した。名門を支える背番号「2」が存在感を発揮した。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 伝統校の攻守の要を担うのが主将も務める背番号「2」の城朋弥だ。名門・向陽で1年秋からレギュラー。中学2年の終わりにチーム事情で捕手に転向。以降、捕手一本でプレーしてきた。ただ、当の本人には自身に捕手としての資質について尋ねると「肩がそれほど強いわけでもないし、自分が指名されたのは当時のチームでなり手がいなかっただけだと思います」と謙そんする。エースの小林とは1年以上バッテリーを組み、あうんの呼吸で成り立つほど全てを知り尽くした相手だ。

 とはいえ、夏の初戦はやはり怖い。そんな中とにかく心がけたのは声がけ。「去年の自分なら余裕はなかったですけれど、全体を見ながら小林に積極的に言葉をかけるようにしました。夏の初戦は独特ですが、いつも通りを心掛けました」。

 マスク越しに常に笑顔を見せ、エースの心をほぐす。声をかける度に、その独特の空気の流れを変えていった。堀内孝貢監督は「小林は立ち上がりから落ち着いていたし、いつも通りのピッチングでした」とエースを称えたが、その普段の空気を演出したのは城でもあった。

 小柄で決して派手なプレースタイルを持つ訳ではないが、その強い存在感とインサイドワークの良さが光る。チームの誰もが認める伝統校の支柱が、チームを71年ぶりの夏の聖地へ導く。

(沢井史 / Fumi Sawai)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」