野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武、球団ワーストの1試合8被弾 4回KOの多和田に辻監督「今日任せた意味を…」

西武、球団ワーストの1試合8被弾 4回KOの多和田に辻監督「今日任せた意味を…」

首位の西武は、大敗での後半戦スタートとなった。16日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。先発の多和田真三郎投手が初回から3本塁打を浴びるなど、4回途中14安打11失点と大炎上し、あとを受けたリリーフ陣も失点を重ねて、球団ワースト記録となる1試合8被本塁打で16失点を喫した。

西武・辻監督【写真:荒川祐史】
西武・辻監督【写真:荒川祐史】

多和田は4回途中11失点、投手陣が軒並み崩れて21被安打16失点

■ソフトバンク 16-4 西武(16日・ヤフオクドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 首位の西武は、大敗での後半戦スタートとなった。16日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。先発の多和田真三郎投手が初回から3本塁打を浴びるなど、4回途中14安打11失点と大炎上し、あとを受けたリリーフ陣も失点を重ねて、球団ワースト記録となる1試合8被本塁打で16失点を喫した。

 初回、山川の24号2ランで奪った先制点を、多和田がフイにした。上林に先頭打者本塁打を許すと、内川の内野ゴロの間に同点。さらに松田に2ランを浴びてひっくり返されると、甲斐にも2ランを浴び、初回だけで3被弾6失点を喫した。

 2回にも中村晃にソロ本塁打を許すなど2失点。4回にも押し出し四球などで3点を失ってノックアウトされた。柱の1人として多和田に後半戦の“開幕”を託した辻発彦監督は試合後に「もうちょっと今日任せた意味を本人が分からないといけない。先制点を取ってもらった後にああいう形はね」と嘆いた。

 それでも多和田を100球を超える4回途中まで投げさせた。指揮官が「気持ちの中でやられたら、やり返す気持ちを持ってやったのかって話で。2回で代えるって(投手コーチが)言うから、このまま投げさせてって」と指揮官は語り、多和田の成長を見据えた上での続投だったことを明かした。

 多和田については「次の登板でどういうピッチングをするか楽しみにしている」と語った辻監督。「8本も打たれたのは記憶にないわ。これだけ打った翌日は打てないというのを願ってるよ」と語り、大敗にもサバサバした表情だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」