野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 今オフFAのハーパー、父親と共に地元でホームラン競争初制覇「すごく幸せ」

今オフFAのハーパー、父親と共に地元でホームラン競争初制覇「すごく幸せ」

第89回オールスター戦(ワシントンDC)のホームラン競争が16日(日本時間17日)に行われた。地元ナショナルズのスーパースター、ブライス・ハーパーが計45本のアーチを架けて初制覇。決勝戦ではラスト1分で猛烈な追い上げを見せて大熱戦を制した。投手を務めた父親のロン・ハーパーさんとのコンビで頂点に立ち、「すごく幸せ」と喜びを噛み締めた。

HR競争で優勝し父親のロンさん(左)と記念撮影するナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】
HR競争で優勝し父親のロンさん(左)と記念撮影するナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

決勝では終盤に驚異的な追い上げ、ファンに感謝「彼らは素晴らしい仕事をしてくれた」

 第89回オールスター戦(ワシントンDC)のホームラン競争が16日(日本時間17日)に行われた。地元ナショナルズのスーパースター、ブライス・ハーパーが計45本のアーチを架けて初制覇。決勝戦ではラスト1分で猛烈な追い上げを見せて大熱戦を制した。投手を務めた父親のロン・ハーパーさんとのコンビで頂点に立ち、「すごく幸せ」と喜びを噛み締めた。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ハーパーは“はちまき”やバットなどに星条旗をあしらったド派手な衣装で登場し、規格外の柵越えを連発した。1回戦はフレディ・フリーマン(ブレーブス)に13-12で勝利。準決勝でも新星のマックス・マンシー(ドジャース)との対戦を13-12で制した。いずれも後攻で登場し、相手を上回ったところで終了となった。

 そして、決勝では先攻のカイル・シュワーバー(カブス)が18本塁打を記録。ハーパーはローペースだったものの、残り1分を切ったところから驚異的なペースで柵越えを量産した。規定の4分間で追いつくと、440フィート(約134メートル)以上のホームランを2本以上放つと与えられる30秒のボーナスタイムで1本を追加。ロンさんの体力も限界に近づく中で劇的な“一戦”を制し、喜びを爆発させた。

 終了後の会見には、ロンさんと共にホームランダービーのトロフィーを持って現れ、「父に投げてもらえるなんて、本当に幸運なこと。本当にありがたいことだね。父、そして家族とあの瞬間を共有できてすごく幸せだった」と感慨深げに話した。さらに、「そしてファンたちともね。彼らは素晴らしい仕事をしてくれた」と大歓声で後押しした地元ファンへの感謝も忘れなかった。

 今オフにフリーエージェントとなるスーパースターが、地元でファンと最高の時間を共有した。

 ホームランダービーの結果は以下の通り。

【第1ラウンド】
リース・ホスキンス(フィリーズ)17本 ◯

ヘスス・アギラー(ブルワーズ)12本

カイル・シュワーバー(カブス)16本 ◯

アレックス・ブレグマン(アストロズ)15本

ハビアー・バエス(カブス)16本

マックス・マンシー(ドジャース)17本 ◯

フレディ・フリーマン(アストロズ)12本

ブライス・ハーパー(ナショナルズ)13本 ◯

【準決勝】
ホスキンス 20本

シュワーバー 21本 ◯

マンシー 12本

ハーパー 13本 ◯

【決勝】
シュワーバー 18本

ハーパー 19本 ◯

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」