野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA浜口、伊藤光と新コンビ結成も今季初勝利ならず 初回の3失点が響く

DeNA浜口、伊藤光と新コンビ結成も今季初勝利ならず 初回の3失点が響く

DeNAは17日、本拠地でのヤクルト戦に0-6で完敗し、後半戦は2連敗、前半戦も含めると4連敗となった。

DeNA・浜口遥大【写真:荒川祐史】
DeNA・浜口遥大【写真:荒川祐史】

昨季からコンビを組んでいた高城がオリックスへ移籍

■ヤクルト 6-0 DeNA(17日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは17日、本拠地でのヤクルト戦に0-6で完敗し、後半戦は2連敗、前半戦も含めると4連敗となった。

 先発は今季未勝利の2年目左腕の浜口遥大。昨季ほとんどの試合でバッテリーを組んで10勝をマークし、今季もここまでの全8試合で浜口の球を受けてきた捕手・高城俊人がオリックスへトレード移籍。この日は、その高城と交換トレードで入団した伊藤光との新コンビが実現した。

 浜口は1回に坂口智隆、青木宣親に連続安打を浴びるなど1死一、三塁のピンチを招くと、バレンティンに先制にタイムリーを浴び、その後も畠山和洋のタイムリーや川端慎吾の犠牲フライなどで、立ち上がりに3点を失った。2回からは無失点と立ち直ったが、初回の失点が重く響き、6回6安打3失点で2敗目を喫した。

 浜口は球団を通じて、「初回は慎重になり過ぎてしまい腕が振れず、最少失点で持ち堪えられなかったことが反省点です。2回以降はテンポを意識して、いろんな球種を使い、間延びしないように修正して投げられたことは良かったです」とコメントした。2回以降は被安打は2本と抑えただけに、次回の登板に期待が持てる内容ではあった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」