野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ連敗で貯金吐き出す 井口監督テコ入れ示唆「入れ替え含めて考える」

ロッテは最下位楽天に2連敗を喫し、後半戦スタートでいきなり貯金を吐き出した。17日、本拠地ZOZOマリンでの楽天戦。先発の石川歩は、2回に味方の失策に足を引っ張られる形で先制点を献上。3回に同点としたものの、6回2死から島内宏明に痛いソロアーチを浴びた。打線は1点をとるのがやっと。9回には大谷智久が4点を失い、1-6で敗れた。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

先発の石川は7回3安打2失点と好投も黒星

■楽天 6-1 ロッテ(17日・ZOZOマリン)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ロッテは最下位楽天に2連敗を喫し、後半戦スタートでいきなり貯金を吐き出した。17日、本拠地ZOZOマリンでの楽天戦。先発の石川歩は、2回に味方の失策に足を引っ張られる形で先制点を献上。3回に同点としたものの、6回2死から島内宏明に痛いソロアーチを浴びた。打線は1点をとるのがやっと。9回には大谷智久が4点を失い、1-6で敗れた。

「エラーもそうだが、取れるところで点が取れない。相手がどうこうより、自分たちの野球ができていない。打線は全然機能していない。みんなで沈んでいっている感じがある。少しカツを入れないと。入れ替えを含めてこれから考えます。外野でも出てこなきゃいけない選手が一杯いるが、そういう選手に気迫が感じられない」と、試合後の井口資仁監督の言葉にも苛立ちが見えた。

 荻野貴司の怪我で昇格した加藤翔平、ルーキー菅野剛士も後半戦に入って、まだノーヒット。チーム状況を象徴していたのは、7回2死の藤岡裕大から9回最後の打者となった田村龍弘まで喫した7者連続三振。苦しい状況を打破する起爆剤が欲しいところだ。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」