野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス逆転勝ちで3位タイに浮上 福良監督「今日の勝ちは本当に大きい」

オリックスは18日、本拠地京セラドームで行われた日本ハム戦を3-2で勝利した。一度は逆転を許しながらも6回に4番の吉田正が同点タイムリーを放ち、安達の犠飛で試合をひっくり返した打線に福良監督は「4番の仕事をしてくれた」と若き主砲を称えた。

オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】

1点を追う6回に吉田正が同点適時打、安達の勝ち越し犠飛で逆転

■オリックス 3-2 日本ハム(18日・京セラD)

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 オリックスは18日、本拠地京セラドームで行われた日本ハム戦を3-2で勝利した。一度は逆転を許しながらも6回に4番の吉田正が同点タイムリーを放ち、安達の犠飛で試合をひっくり返した打線に福良監督は「4番の仕事をしてくれた」と若き主砲を称えた。

 2回に得点圏打率.150の伏兵・山崎が右中間へタイムリー二塁打を放ち先制したが4回に先発の金子が横尾、石川に連続タイムリーを浴び逆転を許す苦しい展開に。

 それでも6回。先頭のロメロが左前打で出塁すると、続く吉田正が右中間へ同点のタイムリー二塁打を放ち、1死三塁から安達の犠飛で決勝のホームを踏んだ。リードを奪うと7回からは吉田一、山本、増井が1本のヒットも許さない無失点リレーで試合を締めた。

 2位日本ハムから後半戦最初のカードを勝ち越したオリックス。ソフトバンクが敗れたため3位タイに浮上。鮮やかな逆転勝利を飾った指揮官は「今日の勝ちは本当に大きい。1戦1戦やっていくだけですね」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」