報徳学園が初戦に続きコールド勝ちで4回戦進出 ドラ1候補の小園は3打数1安打

報徳学園が5回コールドで勝利【写真:沢井史】
報徳学園が5回コールドで勝利【写真:沢井史】

神戸甲北を相手に10-0の5回コールド勝ち

 第100回全国高等学校野球選手権東兵庫大会は19日、3回戦を行い、報徳学園が10-0で神戸甲北に5回コールド勝ちした。

 報徳学園が初戦に続いて投打で本領を発揮してコールド勝ちした。初回に3番の長尾の適時打などで3点を挙げ、ると3回には8番の木村の適時打や相手のミスなどもあり4点を追加した。

 さらに4回は6番堀尾の適時打などで3点をさらに挙げるなど、報徳学園の攻撃の勢いは止まらなかった。投げては背番号「10」の木村が4回2安打無失点、岡崎が1回を3人で抑える完封リレーで完勝。ドラフト候補の小園は3打数1安打だった。

(沢井史 / Fumi Sawai)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY