野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日松坂の復活は「まだ喜んではいけない」 山崎武司氏が評価しないワケ

中日の松坂大輔投手は今季、新天地で復活を遂げた。前半戦は7試合登板で3勝3敗、防御率2.41。「平成の怪物」のスター性は抜群で、オールスターにはファン投票のセ・リーグ先発投手部門トップで選出された。全盛期からスタイルは変化したものの、経験を生かした投球術で失点を最小限に抑え、試合を作っている。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

前半戦は期待を超える活躍も「チームに迷惑をかけている部分がある」

 中日の松坂大輔投手は今季、新天地で復活を遂げた。前半戦は7試合登板で3勝3敗、防御率2.41。「平成の怪物」のスター性は抜群で、オールスターにはファン投票のセ・リーグ先発投手部門トップで選出された。全盛期からスタイルは変化したものの、経験を生かした投球術で失点を最小限に抑え、試合を作っている。

 現役時代に通算403本塁打を放った強打者で、中日OBでもある野球解説者の山崎武司氏は「期待以上のものは出しているんじゃないかな。頑張ってくれている」と評価しつつ、「まだまだそれで喜んではいけない」と指摘する。復活を手放しで喜べないのはなぜか。

「チームに迷惑をかけている部分がある。個人プレー、個人競技だったら松坂大輔の価値は生きるんだけど、試合開始直前に登板回避したり、そういうアクシデントが2回ある。藤嶋が勝ったからいいものの、負けていたら……ということになる。自分の投げる責任は果たしてほしい。評論家として『勝て』とは言わないけど、全うできるものはしっかりやってほしいなと思って見ている」

 松坂は6月17日の敵地・西武戦で先発予定だったが、試合開始直前のブルペンで背中の軽い捻挫というアクシデントに見舞われ、登板を回避した。代わりに先発した藤嶋健人が好投して中日は勝利したが、山崎氏はチームへの影響は大きかったと指摘する。松坂は5月13日の敵地・巨人戦でも3回途中に異変を訴え、緊急降板している。

「ああいうことがあると、周りがソワソワしちゃう。松坂だけのことで投げる、投げないで終わるならいいけど、誰かを代わりに投げさせないといけないわけだから。それがチームプレーだし、松坂がレジェンドだから許されるかといったら、それは違うというところなので。そのへんだけ気をつけてほしい」

 試合直前での登板回避や序盤での緊急降板について、厳しい見方をしている。では、肝心の投球内容はどうか。自らの四球などでピンチを招きながらも、要所は抑えて得点を許さないというピッチングが続いている。

「やっぱりばらつきはあるけど、そんなものだと思えばそんなもの。彼の持ち味だといったら持ち味だし、最後のトドメを刺されないから。でも、何回も同じことをやっていると、プロは必ずまた大事なところで打たれだすから。そのへんは本人も考えてるんじゃないかなとは思うけど」

 走者を背負いながらも、傷口を広げず、ゲームを作る。これはやはり圧倒的な経験値によるところが大きいのか、それとも、何か違う理由があるのか。山崎氏は、それについてはまだ判断しかねているという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」