野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

フレッシュ球宴で自己最速153キロ 高卒2年目・ロッテ種市が見せる急成長

千葉ロッテのファームには“半端ない”速度で成長を遂げている投手がいる。高卒2年目・種市篤暉投手だ。

ロッテ・種市篤暉【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・種市篤暉【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

体重アップで平均球速も約5キロアップ!

 千葉ロッテのファームには“半端ない”速度で成長を遂げている投手がいる。高卒2年目・種市篤暉投手だ。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 入団時は80キロだった体重も、現在は87.5キロまでアップ。「今年中に90キロくらいまではいきたい」と目標を掲げる。ストレートの球速も4月時点で「アベレージで145ですね。その前は140キロくらいだった。5キロぐらいアップして、150キロも出せるようになりました」と話していたが、7月12日に地元・青森で行われたフレッシュオールスターゲームで川瀬晃選手(福岡ソフトバンク)に投じた初球、自己最速となる153キロを計測した。

 種市は「先発でもすごいストレートのアベレージが上がったと思います。5回を投げたときに球威は落ちますけど、昨年とは比べものにならないくらい成長したと思います」とストレートに確かな手応えをつかんでいる。

 こだわっていたストレートの質も「回転数も4、5月くらいは平均より低かったんですけれども、テークバックを変えたら回転数も上がりました」と話し、「そのおかげで空振りも取れていると思うので、そこは続けていきたいと思います」と誓った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」