野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 快投カイケルにソーシア監督脱帽 “魔球”餌食の大谷は「間違いなくタフな夜」

快投カイケルにソーシア監督脱帽 “魔球”餌食の大谷は「間違いなくタフな夜」

エンゼルスのマイク・ソーシア監督は20日(日本時間21日)の本拠地アストロズ戦に1-3で敗北した後、3打数3三振に終わった大谷翔平投手について「間違いなくタフな夜になった」と嘆いた。

カイケル相手に三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
カイケル相手に三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

サイ・ヤング賞左腕に大谷は3打席連続三振

 エンゼルスのマイク・ソーシア監督は20日(日本時間21日)の本拠地アストロズ戦に1-3で敗北した後、3打数3三振に終わった大谷翔平投手について「間違いなくタフな夜になった」と嘆いた。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 「5番・DH」で10日(同11日)本拠地マリナーズ戦以来となる先発出場を果たした大谷は、2015年サイ・ヤング賞左腕、ダラス・カイケル投手に完璧に抑え込まれた。

 対戦した3打席でいいところなく3三振。満員のエンゼルスタジアムにはファンのため息が充満した。7回2/3を2安打1失点と圧巻のピッチングを見せた敵のエース左腕に、エンゼルス打線は為す術がなく、ソーシア監督も称賛するしかなかった。

「カイケルはいい仕事をした。ツーシームを低めに動かしていた。ショウヘイにとっては間違いなくタフな夜になった」

 大谷はカイケルの“魔球”ツーシームに対抗できず。2回の第1打席ではツーシームを見逃し三振。5回の第2打席はカウント2-2からツーシームを空振り三振。7回もカウント2-2からツーシームを空振り三振。左腕とは相性の悪い大谷だが、この日はカイケル攻略の糸口を見出せず、大きな壁として立ちはだかられた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」