野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • CY賞投手から豪快二塁打の大谷に米記者が脱帽「成長スピードは凄まじい」

CY賞投手から豪快二塁打の大谷に米記者が脱帽「成長スピードは凄まじい」

エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地でのアストロズ戦に「5番・DH」でスタメン出場し、第2打席に快音を響かせた。対戦したのは、前回3三振と完璧に封じられていた2011年のサイ・ヤング賞右腕ジャスティン・バーランダー投手。第2打席に右翼へ大きな二塁打を放つと地元の名物コラムニストは「感動的じゃないか!」と絶賛した。

アストロズ戦で2安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
アストロズ戦で2安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

前回対戦では節目となる2500奪三振を献上

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地でのアストロズ戦に「5番・DH」でスタメン出場し、第2打席に快音を響かせた。対戦したのは、前回3三振と完璧に封じられていた2011年のサイ・ヤング賞右腕ジャスティン・バーランダー投手。第2打席に右翼へ大きな二塁打を放つと地元の名物コラムニストは「感動的じゃないか!」と絶賛した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 前回対戦の5月16日(同17日)には4打数無安打3三振を喫した剛腕バーランダー。「ここまで品のある球は経験したことがない」と対戦後に脱帽していた大谷は、2回無死一塁の第1打席にセーフティバントを試みたが失敗した。

 だが、2点を追う4回2死一塁でやってきた第2打席に魅せた。2ボールからの3球目95.7マイル(約154キロ)内角速球を捉えると、大きな打球は右翼フェンスに届く豪快な二塁打となった。前回対戦では、節目となるキャリア通算2500奪三振目を献上したメジャー屈指の右腕に見事リベンジを果たした。

 大興奮のエンゼルスタジアムではスタンディングオベーションで称えるファンも続出。米メディアからもバーランダー撃ちを絶賛する声が上がった。

「感銘を受けた。感動的じゃないか!」と興奮気味に語ったのは、米スポーツメディア「スポーティングニュース」のジョセフ・ディポリート記者だ。

 取材記者会見では、激しい身振りとともに大谷やマイク・ソーシア監督に質問をぶつけている名物コラムニストは「前回抑えられたバーランダー相手に見事な打席だった。打者として対戦を重ねることで、投手に対する経験値は蓄積されていくものだが、オオタニの成長スピードは凄まじい」と、圧巻の一撃に脱帽していた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」