野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 報徳学園がプロ注目・小園の2ランで準々決勝進出 強豪・滝川二との接戦制す

報徳学園がプロ注目・小園の2ランで準々決勝進出 強豪・滝川二との接戦制す

第100回全国高等学校野球選手権の東兵庫大会・4回戦が22日に行われ、報徳学園が滝川二を4-2で下し、強豪対決に勝利した。

報徳学園が滝川二に勝利【写真:沢井史】
報徳学園が滝川二に勝利【写真:沢井史】

春の県大会では滝川二に黒星

 第100回全国高等学校野球選手権の東兵庫大会・4回戦が22日に行われ、報徳学園が滝川二を4-2で下し、強豪対決に勝利した。

 報徳学園が春の県大会で敗れた滝川二との接戦を制し、準々決勝へコマを進めた。

 報徳学園は4回に3番の長尾の右越え本塁打で先制したが、滝川二もその裏に4番の木谷が左中間へソロ弾を放って、すかさず同点に。報徳学園の先発・林、滝川二の先発・田辺の両2年生左腕が息のこもった投手戦を繰り広げたが、注目の選手が均衡を破った。

 7回1死一塁の場面。報徳学園の攻撃で打席に立ったのは、プロ注目の打者・小園。その評判に違わぬ打撃で、バックスクリーンやや左に2点本塁打を放り込み、勝ち越しに成功した。8回に1点を返されたが、9回にダメ押し点を加え、粘る滝川二を振り切って準々決勝進出を決めた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」