野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日・大野雄また勝てず… 5度目先発は5回4失点で降板し勝敗つかず

中日の大野雄大投手は、今季5度目の先発でも白星を掴めなかった。22日、敵地・神宮球場で行われたヤクルト戦。今季初勝利を目指してマウンドに上がった左腕だったが、バレンティン1人に4打点を許して5回5安打4失点で降板した。

22日の中日VSヤクルト、6回まで4-4の同点
22日の中日VSヤクルト、6回まで4-4の同点

初回に3ランを浴びるなど、バレンティン1人に全4打点

■ヤクルト – 中日(22日・神宮)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 中日の大野雄大投手は、今季5度目の先発でも白星を掴めなかった。22日、敵地・神宮球場で行われたヤクルト戦。今季初勝利を目指してマウンドに上がった左腕だったが、バレンティン1人に4打点を許して5回5安打4失点で降板した。

 味方の先制点をいきなりフイにした。1点をリードして迎えた初回、左腕は青木に中前安打を許し、山田を四球で歩かせると、バレンティンに3ランを被弾。内角低めのボール球を、弾丸ライナーで左翼スタンドへと運ばれた。

 味方打線が2回にモヤのソロ本塁打、3回にはビシエドの適時打で同点に追いついたが、再びバレンティンにやられた。山田を四球で出塁させると、盗塁を決められ、バレンティンに左翼フェンス直撃の適時打を浴び、再び勝ち越された。

 4回にモヤが2打席連続本塁打を放って同点としたが、大野雄は同点の5回で降板。勝敗はつかず、5度目の先発でも今季初勝利は掴めなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」