野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、“快速”同点ホーム&2戦連続ヒット! 「比較的良かったと思う」

大谷翔平、“快速”同点ホーム&2戦連続ヒット! 「比較的良かったと思う」

エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦に3試合連続「5番・DH」でスタメン出場し、4打数1安打1四球2得点と活躍した。1点を追う2回に四球を選び、次打者のヒットで快足を飛ばして同点ホームを踏むと、エンゼルスはここから逆転に成功。大谷は7回に2試合連続ヒットとなる三塁内野安打もマークした。14-5と大勝したチームは5割復帰した。

好走塁で本塁に生還したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
好走塁で本塁に生還したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

チーム大勝に手応え「いい勝ち方ができた」

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦に3試合連続「5番・DH」でスタメン出場し、4打数1安打1四球2得点と活躍した。1点を追う2回に四球を選び、次打者のヒットで快足を飛ばして同点ホームを踏むと、エンゼルスはここから逆転に成功。大谷は7回に2試合連続ヒットとなる三塁内野安打もマークした。14-5と大勝したチームは5割復帰した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷は1点ビハインドの2回に先頭で打席に立つと、右腕マッカラーズの外角へのナックルカーブを見極め、四球で出塁。続くキンズラーの二塁打で同点のホームを踏んだ。3回の第2打席は中直、4点リードの5回1死一塁の第3打席では2番手左腕ペレスの初球を打つもシフトにかかり遊ゴロに倒れたが、3点差に迫られた7回1死走者なしの場面では右腕ハリスから内野安打を放ち、2試合連続ヒットとした。その後、三塁まで進むと、フレッチャーの2点タイムリーで生還。さらにこの回は5打席目も回ってきたが、右邪飛に倒れた。

 試合後、大谷は「比較的良かったんじゃないかなと思う。フォアボールもしっかり取れてたので、いい打席だったかなと思う」と語り、内野安打について「いい当たりがアウトになることがあれば、ああいうのがセーフになることもある。それなりにいいところに飛んでくれたかなと思っています」と振り返った。

 チームの大勝に「いい勝ち方ができたと思う」と手応えを得た様子。この日は4打数1安打1四球2得点の活躍で、打率.282となっている。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」