野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、9回に一発同点の場面で代打出場も左飛 チームは手痛い2連敗

大谷翔平、9回に一発同点の場面で代打出場も左飛 チームは手痛い2連敗

エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、本拠地でのホワイトソックス戦に9回1死一塁から代打出場し、センターフライに倒れた。チームは2点差を返せずに2-4で敗れ、2連敗を喫した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

後半戦初のベンチスタート、2点を追う9回に登場

 エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、本拠地でのホワイトソックス戦に9回1死一塁から代打出場し、センターフライに倒れた。チームは2点差を返せずに2-4で敗れ、2連敗を喫した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 後半戦初のベンチスタートとなったこの日。ホワイトソックス先発の左腕ロドンが8回途中まで2安打しか許さぬ快投を見せた。だが、8回2死一、二塁で2番手ミナヤが登場すると、エンゼルス打戦に活気が戻った。まずはフレッチャーが左翼へ二塁打を運んで1点を返すと、続くシモンズが死球で2死満塁。トラウトはフルカウントから四球を選び、押し出しで1点を加え、2点差とした。

 そして迎えた9回。1死一塁の場面で打席に立った大谷は、ホワイトソックス守護神の右腕ソリアと対戦。1ストライクから2球目92.4マイル(約149キロ)内角速球を強振したが、高く上がった打球はセンターフライとなった。大谷に続く代打・バルブエナは見逃し三振に倒れ、2-4で敗れた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」