野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 今季・大谷翔平がすべきこととは…“ミスターエンゼル”が打者専念の提言

今季・大谷翔平がすべきこととは…“ミスターエンゼル”が打者専念の提言

エンゼルスの大谷翔平投手はルーキーシーズンの今季、早くも右肘靭帯を損傷してしまった。現在は、DHとして打撃で活躍する一方、投手としても投球練習を再開させている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

元新人王の球団OBサーモン氏「今年を学習の機会とすべき」

 エンゼルスの大谷翔平投手はルーキーシーズンの今季、早くも右肘靭帯を損傷してしまった。現在は、DHとして打撃で活躍する一方、投手としても投球練習を再開させている。今季中の二刀流復活に期待が高まる中、エンゼルスのレジェンドは今季中の投手封印とともに「DH専念にすべし」と緊急提言している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

「オオタニは今シーズンの残りは打者に専念すべきだ。すごく有益な選択肢だと思う」

 単独インタビューでこう語ったのは、エンゼルス一筋の現役時代には「ミスターエンゼル」と呼ばれたレジェンド、ティム・サーモン元外野手だ。1992年にメジャーデビューを果たしたサーモン氏は2006年に現役引退するまで新人王とカムバック賞を受賞。現在も地元テレビ局の解説者を務めるなど、ファンから絶大な人気を誇っている。

 今季シーズン終了まで打者専念を提言した理由は、強打で鳴らす大谷の弱点克服に向けてのものだった。

「彼は右投手に対してはすでに素晴らしいと言える。だが、左投手に対してはそこまででもない。だからこそ、私は今年を大谷にとって学習の機会とすべきだと思う。試合に出て、公式戦で左腕とたくさん対戦させるべきだ。左投手が相手になると、思い通りの打撃は間違いなくできていないのだから」

 今季後半戦に突入した現在、大谷は対右腕では打率.324、8本塁打、21打点、OPS(長打率と出塁率の合算)はエリートクラスの1.035という圧倒的な成績を残している。その一方で、対左腕では打率.167、0本塁打、2打点と奮わず。打席数は48と少ないが、苦しい数字が浮き彫りになっている。

「メジャーの投手は近年球速が上がっている。日本時代には経験しなかった球速への慣れは、単純に打席を数多くこなすこと、またはボールを多く見ていくことで慣れることができるのではないだろうか。日本での左腕と対峙するオオタニの動画を見ましたが、カーブやチェンジアップなどの変化球をうまく打っていた。しかし、メジャーでは左投手の変化球にも苦しんでいる。なぜなら、速球への意識が強すぎるからだ。速球狙いの打席では、変化球に対応する準備はできない。例えば、先日3三振を喫したカイケルのような左腕と、日本では対戦する機会はない。自分は左投手に苦しんでいる理由は、速球への過度な集中ではないかと推測している」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」