野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ヤクルト5連勝で2位に浮上、2位以下は3ゲーム差の大混戦 …25日セの動きは?

ヤクルト5連勝で2位に浮上、2位以下は3ゲーム差の大混戦 …25日セの動きは?

後半戦に入ってもなお、混戦模様が続く今季のプロ野球。セ・リーグは2年連続覇者の広島が大きくリードしているが、2位以下は3ゲーム差に5チームがひしめく団子状態に。25日は順位に変動があった。

ヤクルト・小川監督【写真:荒川祐史】
ヤクルト・小川監督【写真:荒川祐史】

ヤクルトは巨人の反撃を振り切り5連勝を飾った

 後半戦に入ってもなお、混戦模様が続く今季のプロ野球。セ・リーグは2年連続覇者の広島が大きくリードしているが、2位以下は3ゲーム差に5チームがひしめく団子状態に。25日は順位に変動があった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 阪神は本拠地での広島戦を6-3で勝利。初回に松山に先制タイムリーを許したが、4回に北條の左前タイムリーで同点に追いつくと、伊藤隼の一塁強襲タイムリー、ナバーロの2点適時打で一挙4点を奪い逆転に成功した。先発の才木は5回3失点で3勝目を挙げた。

 ヤクルトは京セラドームでの巨人戦を6-5で勝利した。2点を追う5回に山田哲のタイムリーで1点を返すと、続くバレンティンが逆転の23号3ランなどで一挙5点を奪い逆転。その後は1点差に迫られたが8回1死満塁のピンチを5番手・風張が無失点でしのぎ、9回は守護神・石山が締めくくった。ヤクルトは5連勝で巨人を抜き2位に浮上した。

 DeNAは敵地での中日戦を4-3で勝利。初回にロペスのタイムリーで先制すると、1点を追う5回無死一、二塁からソトが13号3ランを放ち逆転に成功した。先発の浜口は6回7安打2失点の粘投で今季初勝利を挙げた。中日は7回にビシエドのソロで1点差に迫り9回も1死二塁の好機を作ったがあと1本が出なかった。

【24日終了時点】
1広島 49勝33敗1分
2巨人 43勝45敗1分 9.0
3ヤクルト 40勝43敗1分 0.5
4阪神 37勝43敗1分 1.5
5DeNA 38勝45敗2分 0.5
6中日 39勝48敗1分 1.0

【25日終了時点】
→1広島 49勝34敗1分
↑2ヤクルト 41勝43敗1分 8.5
↓3巨人 43勝46敗1分 0.5
→4阪神 38勝43敗1分 1.0
→5DeNA 39勝45敗2分 0.5
→6中日 39勝49敗1分 2.0

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」