野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武サヨナラ呼び込んだピンチバンター岡田 「プレッシャーしかなかった」

序盤は点の取り合いで4-5と西武劣勢で迎えた9回。オリックス守護神・増井から森がセンター後方へ犠飛を放ち同点に追いつく。そして延長10回、キャプテン・浅村の適時打で西武がサヨナラ勝ち。3連勝で今季両リーグ最速の50勝に到達した。

10回の大事な場面でバントを成功させた西武・岡田雅利【写真:荒川祐史】
10回の大事な場面でバントを成功させた西武・岡田雅利【写真:荒川祐史】

延長10回無死一塁で代打で登場し犠打を決めた岡田

■西武 6-5 オリックス(25日・メットライフ)

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 序盤は点の取り合いで4-5と西武劣勢で迎えた9回。オリックス守護神・増井から森がセンター後方へ犠飛を放ち同点に追いつく。そして延長10回、キャプテン・浅村の適時打で西武がサヨナラ勝ち。3連勝で今季両リーグ最速の50勝に到達した。

 西武が1点を追いかける展開で迎えた9回。今季リーグ最多セーブで未だ無敗のオリックス守護神・増井に対し、先頭の浅村がヒットで出塁。その後無死一・三塁で森がセンターへ犠牲フライを放ち同点に追いついた。

「どうにか出塁しようとする気持ちと、彼の技術が生んだ打席」と、ビハインドの9回、先頭打者で追い込まれながらヒットで出塁したキャプテンの打撃を評価した辻監督。当の浅村自身は「序盤に失点はあったが、諦めることなく全員でつないでいった」と“つなぎの意識”が好結果につながったことをお立ち台で語った。

「絶対送るんだという執念が見えた」と辻監督が試合後に、勝因の一つに挙げていたのが延長10回。先頭打者の中村のヒットで無死一塁の場面を作り、メヒアの代打に岡田を送った場面だ。

 代打で登場した岡田は「ベンチ裏で『中村さんが出たらバントいくから』と言われていた。メヒアの代打なので、プレッシャーしかなかった」と、打席に向かう前の心境を語った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」