野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、第1打席は空振り三振 トラウトのソロでエンゼルス先制

大谷翔平、第1打席は空振り三振 トラウトのソロでエンゼルス先制

エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場し、初回の第1打席は空振り三振に倒れた。

初回、三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
初回、三振に倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2試合ぶりにスタメン、相手先発は右腕のシールズ

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場し、初回の第1打席は空振り三振に倒れた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 前日は代打での出場となった大谷は2試合ぶりにスタメン。ホワイトソックス先発で、今季ここまで22試合に登板して4勝11敗、防御率4.26の右腕ジェームズ・シールズと対峙した。先頭のカルフーンが空振り三振に倒れ、1死走者なしで打席へ。初球は見逃しのストライク、2球目はボール、3球目はチェンジアップに空振り、そして4球目も低めのチェンジアップにバットが空を切り、空振り三振に終わった。

 エンゼルスは大谷が空振り三振に倒れ、2死で打席に入ったマイク・トラウト外野手がシールズのスライダーを完璧に捉え、左翼スタンドへ。27号のソロ本塁打となり、エンゼルスは幸先よく先制点を奪った。

 ベンチスタートだった前日の同カードでは9回1死一塁から代打で出場し、センターフライに倒れた大谷だが、23日(日本時間24日)の同戦では第2打席に中堅への飛距離133メートルの大きな本塁打を放っている。この日は5月16日の本拠地アストロズ戦以来となる、メジャーでは“最強打者の証”である2番打者で先発だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」