野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 中央学院が夏の甲子園初出場! “二刀流”大谷が先制打&勝ち越し弾

中央学院が夏の甲子園初出場! “二刀流”大谷が先制打&勝ち越し弾

第100回全国高校野球選手権記念大会は26日、西千葉大会で決勝戦が行われ、中央学院が6-2で東京学館浦安を下し、夏の甲子園初出場を決めた。中央学院は今春の選抜に出場しており、春夏連続出場となった。

中央学院が甲子園出場を決めた
中央学院が甲子園出場を決めた

大谷は「4番・右翼」で出場し、攻守で大活躍

 第100回全国高校野球選手権記念大会は26日、西千葉大会で決勝戦が行われ、中央学院が6-2で東京学館浦安を下し、夏の甲子園初出場を決めた。中央学院は今春の選抜に出場しており、春夏連続出場となった。

 中央学院は「4番・右翼」で先発出場のエース大谷拓海が1回2死二塁で中前に先制適時打。さらに1-1の4回にはZOZOマリンスタジアムの右翼席に弾丸ライナーで突き刺す強烈なソロ本塁打で勝ち越し。続く池田も左翼席に放り込み、2者連続のホームランとなった。

 その後、東京学館浦安に1点差まで迫られたが、6回に集中打で3点を加えてとどめを刺した。大谷は、守っても7回に右中間へ飛んだ大飛球をランニングキャッチする好プレー。野手としての能力の高さを見せた。

 5月の練習試合で右側頭部に打球を受け、一時は夏の出場も危ぶまれた大谷だが、今大会準々決勝の八千代戦では先発登板するまでに回復した。投手陣は西村陸投手がエース格となり、畔柳舜投手も奮戦。投打とも戦力に厚みを増し、春は果たせなかった甲子園1勝に挑む。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」