野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 「このままでは…」 快投の西武菊池、2段モーション“封印”を決断したワケ

「このままでは…」 快投の西武菊池、2段モーション“封印”を決断したワケ

西武は26日、1-1で迎えた延長10回に代打・森の適時打が飛び出し、オリックスに連夜のサヨナラ勝利。チームの勝利のため、先を見据えて投球フォームを改良したエースの力投が4連勝を呼び込んだ。

9回1失点と好投した西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】
9回1失点と好投した西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】

4連勝を呼び込む127球の力投「普段はシーズン中の投球映像など見返すことはない」が…

 西武は26日、1-1で迎えた延長10回に代打・森の適時打が飛び出し、オリックスに連夜のサヨナラ勝利。チームの勝利のため、先を見据えて投球フォームを改良したエースの力投が4連勝を呼び込んだ。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

「状態を上げようとこの1週間やってきた。それを明日、表現できれば」と登板前日に語っていたエースの菊池雄星投手が、勝敗はつかなかったものの9回7安打1失点と快投。試行錯誤の中、この1週間で出した答えが投球フォームの変更だった。

 前回登板(20日・楽天戦)で、思うような投球ができず6回6失点で今季2敗目を喫した菊池。試合後、女房役である炭谷や土肥投手コーチ、そして辻監督などに客観的な意見を求めた。そこで「2段モーションにしたことで(今季は)下半身がうまく使えていないのでは」と指摘を受けた。これは菊池自身も感じていたことだった。

「普段はシーズン中の投球映像など見返すことはない」という菊池だったが、今回は映像で自らのフォームを確認。昨年と今年では投球のタイミングが違うことを改めて認識した。そこで「練習だけでも、2段をつけずに投げてみたら」という炭谷のアドバイスもあり、「完投や完封が求められる中で、このままだとそれを果たすことは難しい」(菊池)と、このタイミングでの投球フォーム変更に踏み切った。

 昨年は2段モーション禁止との指摘を受け、この時期に投球フォームの変更を余儀なくされた菊池だが、今回はその経験が生きたのか、抵抗を感じることはなかった。土肥コーチのアドバイスを受けながら、2段モーションではない投球フォームで中5日のマウンドへ上がった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」