大谷、電撃放出の女房役マルドナードに感謝「たくさん勉強させてもらった」

エンゼルス・大谷翔平とアストロズへのトレードが発表されたマルドナード(右)【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平とアストロズへのトレードが発表されたマルドナード(右)【写真:Getty Images】

アストロズに電撃トレード、投手としての対戦へ「僕がしっかり頑張りたい」

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・DH」で2試合連続でスタメン出場し、5打数無安打に終わった。試合前には、女房役としてキャンプから信頼関係を築いていたマーティン・マルドナード捕手のアストロズへの電撃トレードが決定。ハグで別れを惜しんだ大谷は「たくさん勉強させてもらった」と元女房役に感謝した。

 チームが12得点を挙げた一戦で、大谷は“蚊帳の外”の5タコ。試合後には「今日に関しては自分の方の問題かなと思うので、しっかりどこが悪かったのかを考えて次につなげたいと思います」と淡々と話した。

 一方で、試合前にはメジャーならではの出来事もあった。7月末のトレード期限を前に、エンゼルスが正捕手のマルドナードを同地区のライバル・アストロズに電撃放出。代わりにマイナーの若手左腕パトリック・サンドバル投手、25万ドル(約2780万円)のインターナショナル・ボーナスプール(海外若手選手との契約枠)を手にした。

 キャンプ中からスペイン語も交えて多くの会話を交わしてきた女房役との別れ。試合前のクラブハウスでは、大谷とマルドナードがハグをかわす場面もあった。マルドナードは、報道陣から大谷との別れが寂しいかを聞かれて「もちろんだよ」と話したが、二刀流右腕は感謝の思いを明かした。

「個人的にはすごい残念ですけど、頑張ってほしいですし、同地区なのでまたやる機会もあると思うので。たくさん勉強させてもらいましたし、今度は向こう側で対戦した時にまた勉強になることもたくさんあると思います」

 大谷はこう話した上で、「最近投げられてなかったので、なかなかキャッチボールは……ブルペンもそうですけど一緒にやる機会はなかったので、できれば僕がマウンドにいて、マルドナード選手が打席に立てるように僕がしっかり頑張りたいなと思います」と、投手と打者としての対戦を“熱望“した。

 順調に行けば今季中に投手としても復帰できる可能性がある大谷。マルドナードが捕手として何度も止めてくれたスプリットで“恩返し”の三振を奪う場面も生まれるかもしれない。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY