野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム、ロッテから移籍の藤岡が入団会見 「優勝に貢献したい」

ロッテから日本ハムにトレード移籍した藤岡貴裕投手が27日、札幌ドームで入団会見に臨んだ。背番号は「56」に決まった。

入団会見を行った藤岡貴裕(右)【写真:石川加奈子】
入団会見を行った藤岡貴裕(右)【写真:石川加奈子】

背番号は「56」、栗山監督は「勝つために来てもらっている」

 ロッテから日本ハムにトレード移籍した藤岡貴裕投手が27日、札幌ドームで入団会見に臨んだ。背番号は「56」に決まった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 開口一番、藤岡が日本ハムへの好印象を口にした。「すごくいい球団だと思っていました。みんな楽しそうで、やりやすそうなチーム。ファイターズの力になれるように一生懸命がんばりたい」と笑顔を見せた。

 25日夜に球団から電話でトレードの連絡を受け、26日午前10時に球団事務所で通告された。「電話では球団名を言われなかったので、どの球団なんだろうと考えて眠れなかったです。パ・リーグのチームはないのかなと思っていたので、まさかとびっくりしました」と舞台裏を明かした。

 昨季は10試合の登板にとどまり、今季は1軍登板なし。それでも優勝争いを続けるチームから必要とされ、意気に感じている。「今シーズンは1軍に上がれず、こういう形で新たにチャンスをもらったので、ファイタイーズの力になりたい気持ちになりました。優勝争いをしているチームは楽しみ。ただ、そこに入ってしっかり投げないと意味がないので、しっかり準備したいです」と力を込めた。

 東洋大時代から注目していたという栗山英樹監督の期待は大きい。「かなり前からいろんな話をしていた。それだけの素材なので。先発も短い(イニング)のもできる幅広さがあるし、何年もローテーションを守る力を持っていると信じている」と語った。起用法については、実際に投球を見てから決めるという。

 手薄だった左腕の補強に成功した指揮官は「そんなに時間はない。すぐに準備してもらわないと。勝つために来てもらっているので」と話した。藤岡も「先発も中継ぎもできるのは強み。どんな形であれ、優勝に貢献したい」と意気込んだ。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」