野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“秘打”グリップエンド? ホークス中村晃がまさかの一打でタイムリー

ソフトバンクの中村晃外野手が“秘打”を放った。27日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。3回に、グリップエンドに当たって転がった打球が適時内野安打になる珍しい一打を放った。

“秘打”でタイムリーを放ったホークス・中村晃【画像:(C)PLM】
“秘打”でタイムリーを放ったホークス・中村晃【画像:(C)PLM】

グリップエンドに当たった打球が三塁適時内野安打に

■ソフトバンク – 楽天(27日・ヤフオクドーム)

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクの中村晃外野手が“秘打”を放った。27日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。3回に、グリップエンドに当たって転がった打球が適時内野安打になる珍しい一打を放った。

 この一打は点差を2点に広げ、なお2死一、三塁の場面で起こった。この回、松田の適時打で1点を奪い、なおも追加点のチャンスで中村晃が打席に立った。楽天先発の塩見が投じた1ボール2ストライクからの6球目、内角高めへのシュート。中村晃が止めたバットのグリップエンドにボールが直撃。そのまま、三塁線へとコロコロと転がった。

 前進した三塁今江がキャッチし、すぐさま一塁へと送球したものの、間に合わず。三塁走者が生還し、ソフトバンクがリードを3点に広げた。人気漫画「ドカベン」の殿馬一人を思い起こさせる一打に、スタジアムもどよめきに包まれていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」