野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、逆転勝ちで後半戦8勝1敗 平石監督代行「苦しい展開だったけど…」

楽天が逆転勝ちで、5位オリックスとの差を4.5ゲームとした。27日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。先発の塩見が序盤に3点を奪われる苦しい展開だったが、5回に一挙5得点で逆転。最後はソフトバンク4番手・五十嵐の押し出し四球で決勝点を奪った。これで楽天は後半戦8勝1敗と、怒涛の快進撃を続けている。

楽天・平石監督代行【写真:荒川祐史】
楽天・平石監督代行【写真:荒川祐史】

5位オリックスとの差は4.5ゲームに

■楽天 6-5 ソフトバンク(27日・ヤフオクドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 楽天が逆転勝ちで、5位オリックスとの差を4.5ゲームとした。27日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。先発の塩見が序盤に3点を奪われる苦しい展開だったが、5回に一挙5得点で逆転。最後はソフトバンク4番手・五十嵐の押し出し四球で決勝点を奪った。これで楽天は後半戦8勝1敗と、怒涛の快進撃を続けている。

「バンデンの真っ直ぐが良くて、ただ球数は投げさせることが出来ていた。それが(その成果が)中盤に来たかなと思います」と、試合後の平石洋介監督代行。4回まではソフトバンク先発のバンデンハークの前にゼロ行進が続いたが、5回に怒涛の連打で攻略した。

 右腕の球数が100球に近づいてきたところを、ものの見事に打ち崩した。2死一、二塁から銀次が中前適時打を放って1点を返すと、アマダーも中前適時打、藤田は右中間を破る2点適時三塁打、そしてペゲーロが左前適時打。怒涛の4連続適時打で試合をひっくり返した。

 5回に先発の塩見が同点とされたものの、2番手の久保が逆転を許さない好リリーフ。1回2/3を無失点に抑えると、7回に2四球と田中の中前安打で2死満塁とし、茂木の代打で打席に立った枡田が低めのボールを見極めて押し出し四球。これが決勝点となり、指揮官は「こちらも勝負をかけたところだったけど、慎太郎がよく冷静に見極めてくれた」と語った。

 序盤はリードを奪われる展開となりながら、逆転勝ちを収めた楽天。試合時間4時間25分のロングゲームに競り勝ち、平石監督代行は「今日は苦しい展開になったけど、よくひっくり返してくれた」と選手の粘りを称える。これでオールスター明けは5連勝のあと、1敗を挟んで3連勝。9試合で7個の借金を減らし、オリックスとは4.5ゲーム差に。最下位脱出も見えてきている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」