野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ウルフが28日ロッテ戦に向け自信 「全体的には調子がいい」

現在、4連勝中の首位・西武は27日、西武第2球場で28日から敵地で行われる3位・ロッテとの2連戦に備え、全体練習を行った。

西武のブライアン・ウルフ【画像:(C)PLM】
西武のブライアン・ウルフ【画像:(C)PLM】

ウルフは昨年、ロッテ相手に3戦3勝と相性抜群

■ロッテ – 西武(28日・ZOZOマリン)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 現在、4連勝中の首位・西武は27日、西武第2球場で28日から敵地で行われる3位・ロッテとの2連戦に備え、全体練習を行った。

 初戦の先発は中9日での登板となるウルフ投手。登板間隔があいたがその間、普段は次回登板までに1回しか入らないブルペンに2回入って調整し「(中9日なので)調整期間が長くなりましたが、全体的には調子がいい」と自信を口にした。

 今季ロッテ戦は7月10日のリリーフ登板(2回0/3、3失点、自責点0)のみだが、ロッテ打線の印象を「自分は悪い印象を持っていない」と語ったウルフ。昨年はロッテ戦に3試合に先発登板し、3勝0敗、防御率1.00と相性は抜群だ。

 さらに「本当にシーズンを通して、たくさん点を取ってくれる。自分を含めて先発が投げるときには、6回3失点を目標にして投げれば、打線の援護が期待できるので、プレッシャーをあまり受けずに試合に挑めます」と、リーグ屈指の強力打線の存在が、投球に好影響を与えてくれることを語った。

 天候が心配されるが「相手も条件は一緒。明日は風も強いかもしれないが、その状況に対応したい」と、ベテランらしい落ち着きも見せた。4連勝中、そして首位という中での登板だが「去年も13連勝中の登板があった」と問題にしていない様子。

「(現時点で)優勝はあまり深くは意識していないが、打撃陣も好調で、投手陣も状態は上がってきている。プレッシャーは感じていない」と、好ムードで試合に臨めそうだ。対するロッテの先発は、ここまで11連勝中のボルシンガー投手。西武はボルシンガー相手に3戦2敗と苦しんでいるが、ウルフが信頼を置く強力打線がリーグ屈指の好投手を打ち崩せるか注目が集まる。

 なお、試合は台風接近のため中止となった。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」