野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス摂津、今季最短3回途中KO 「自分の投球が出来ず苦しい投球に…」

ソフトバンクの摂津正投手が、わずか2回2/3でノックアウトされた。28日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。初回、田中に初球先頭打者本塁打を許すと、この回一挙に3失点。その後も不安定な投球が続き、3回2死から連続四球でピンチを招いたところで、工藤公康監督はたまらず2番手、ルーキーの高橋礼へのスイッチを告げた。

3回途中KOとなったソフトバンク・摂津正【画像:(C)PLM】
3回途中KOとなったソフトバンク・摂津正【画像:(C)PLM】

初回、田中に初球先頭打者本塁打を浴びるなど3失点

■ソフトバンク – 楽天(28日・ヤフオクドーム)

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクの摂津正投手が、わずか2回2/3でノックアウトされた。28日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。初回、田中に初球先頭打者本塁打を許すと、この回一挙に3失点。その後も不安定な投球が続き、3回2死から連続四球でピンチを招いたところで、工藤公康監督はたまらず2番手、ルーキーの高橋礼へのスイッチを告げた。

 初回、摂津は田中に初球を左翼スタンドへと運ばれ、いきなり先制点を献上。さらに、茂木に四球を与えると、2死二塁から銀次、アマダーに連続適時打を浴びて、いきなり3点を献上。2回にも田中に左前安打を許すと、盗塁と島内の中前適時打で1点を追加された。

 3回は銀次、アマダーを打ち取って2死としたが、藤田に四球を与えると、続くペゲーロにも四球。連続四球で一、二塁となったところでマウンドを降りた。今季最短の2回2/3、6安打3四球4失点でKOとなった。

 摂津は降板後、球団を通じて「チームにいい流れを持ってきたかったのですが、初回から自分の投球ができず、苦しいピッチングになってしまった。先発としての仕事ができず、チームに申し訳ないです」とコメントした。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」