野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 7地区の代表決定、仙台育英&広陵が聖地へ 奈良大付は初、近江は春夏連続

7地区の代表決定、仙台育英&広陵が聖地へ 奈良大付は初、近江は春夏連続

第100回全国高校野球選手権記念大会は28日、7地区で決勝を行った。甲子園切符をめぐって熱戦が相次ぎ、広島では前年準優勝の広陵が広島新庄を、奈良では奈良大付が天理をサヨナラで破って選手権出場を決めた。

仙台育英や広陵など7地区の代表が決定!
仙台育英や広陵など7地区の代表が決定!

愛工大名電、近大付、報徳学園も久々の出場

 第100回全国高校野球選手権記念大会は28日、7地区で決勝を行った。甲子園切符をめぐって熱戦が相次ぎ、広島では前年準優勝の広陵が広島新庄を、奈良では奈良大付が天理をサヨナラで破って選手権出場を決めた。

 ちょっと懐かしい常連校の復活も目立ち、南大阪では近大付が10年ぶり、東兵庫は報徳学園が8年ぶり、西愛知では愛工大名電が5年ぶりの勝ち名乗り。春の選抜大会組では、滋賀の近江が初出場を狙った綾羽を退けて2季連続出場を決めた。

 宮城では、仙台育英が古川工を7-0で圧倒し、2年連続27回目の聖地行き。昨年12月に部員の飲酒、喫煙が発覚し、佐々木前監督が辞任。6月まで対外試合禁止となり、今大会はノーシードだったが、2年連続の夏を勝ち取った。

 台風12号接近に伴い、西東京の決勝は30日、南神奈川の決勝は29日に順延された。29日予定の北神奈川決勝は30日に実施される。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」