野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 投手・大谷も今季中に復帰させるべきか…米専門家が“激論“ 意見は真っ二つ!?

投手・大谷も今季中に復帰させるべきか…米専門家が“激論“ 意見は真っ二つ!?

右肘靭帯損傷から投手としての復帰も目指すエンゼルスの大谷翔平投手は、今月19日(日本時間20日)の再検査の結果、投球練習を無事再開させた。現在は指名打者として出場を続けている二刀流のスターの今季中の投手復帰の是非を巡っては様々な意見が出ており、チームOBら現地解説者が激論を交わすこともあった。

投手での復帰も待望されるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
投手での復帰も待望されるエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

投球再開は「素晴らしい朗報」も…元投手と元野手で意見は割れる

 右肘靭帯損傷から投手としての復帰も目指すエンゼルスの大谷翔平投手は、今月19日(日本時間20日)の再検査の結果、投球練習を無事再開させた。現在は指名打者として出場を続けている二刀流のスターの今季中の投手復帰の是非を巡っては様々な意見が出ており、チームOBら現地解説者が激論を交わすこともあった。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 約1周間前、20日(同21日)の本拠地アストロズ戦の試合前だった。地元の中継局「FOXスポーツ・ウェスト」では大谷の投球再開をテーマに盛り上がっていた。

「個人的には靭帯が回復し始めているということは素晴らしい朗報です」と口火を切ったのは、エンゼルスOBで投手としてメジャー通算132勝の実績を持つマーク・グビザ氏。エンゼルス戦のメーン解説者を務めるグビザ氏は、投手目線から期待と不安を明かした。

「今季先発できるかどうかはまだ見えませんが、彼がキャッチボールを行っている状況を見ながら、試合で投げられるかどうか、重要なことは球団の判断でしょう。彼が先発する時には、スタジアムに凄まじい興奮をもたらします。100マイル(約161キロ)の速球にスプリットです。スライダー、カーブです。彼は最後に登板した時に、変化球に違和感を覚えているようでした。我々は最終的に肘に起こった問題と関係があるのか、と考えてしまいます」

 6月6日(同7日)のロイヤルズ戦では当初マメの影響で緊急降板したが、翌日の検査で靭帯損傷が発覚した。グビザ氏は変化球を投じる際に、大谷に異変が起きたのではないかと推測している。

 一方、1993年の新人王で「ミスター・エンゼル」と呼ばれる元外野手のティム・サーモン氏も熱く持論を展開した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」