野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が試合前にキャッチボール 指揮官「重要だがショウネンバではない」

大谷翔平が試合前にキャッチボール 指揮官「重要だがショウネンバではない」

エンゼルス大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地でのマリナーズ戦の前に、キャッチボールを約80球行った。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

球団トレーナーを相手に約80球

 エンゼルス大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地でのマリナーズ戦の前に、キャッチボールを約80球行った。マイク・ソーシア監督は、現在の24歳右腕の状態について「まだ初期段階」としながらも「後退はしていない」と評価した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷はキャッチボールの途中にセットポジションからの投球も混ぜ、力強いボールを球団トレーナーに向かって投げ込んだ。指揮官は「距離は徐々に延びて80?90フィート(約24~27メートル)投げているが、まだ初期段階。ただ後退はしていない。今やっていることは重要だが、ショウネンバではない」と、得意の日本語を使いながら説明した。

 さらに「彼が100%の状態でマウンドに立ち、セイゲンナシで投げられれば、我々は非常にうれしい」と話し、大谷が投手として復活することを待ち望んだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」