野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローと大谷を巡るMLB公式ツイート、米国で“問題視”されたのは…

イチローと大谷を巡るMLB公式ツイート、米国で“問題視”されたのは…

27日(日本時間28日)にMLB公式ツイッターが、マリナーズのイチロー会長付特別補佐とエンゼルス大谷翔平投手が握手する写真をツイートし、そこに添えられたキャプションが「人種差別的だ」と問題になった。公式ツイッターではすぐに当該ツイートを削除したが、1日立ってもなおアメリカでは各方面で議論されているようだ。ボストンのテレビ局「NESN」公式サイトでは、「MLBツイッターが人種差別と酷評される」のタイトルで特集記事を掲載した。

エンゼルス・大谷翔平(左)、マリナーズ・イチロー【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平(左)、マリナーズ・イチロー【写真:AP】

差別撤廃を唱うMLBの“失態”に米メディアも厳しく反応

 27日(日本時間28日)にMLB公式ツイッターが、マリナーズのイチロー会長付特別補佐とエンゼルス大谷翔平投手が握手する写真をツイートし、そこに添えられたキャプションが「人種差別的だ」と問題になった。公式ツイッターではすぐに当該ツイートを削除したが、1日立ってもなおアメリカでは各方面で議論されているようだ。ボストンのテレビ局「NESN」公式サイトでは、「MLBツイッターが人種差別と酷評される」のタイトルで特集記事を掲載した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 そもそもの騒動は、MLB公式ツイッターがイチローと大谷が握手する写真に「スパイダーマン同士が指を差し合うミーム」という言葉を添えたことにある。米人気コミック「スパイダーマン」に登場する場面の中で、偽者スパイダーマンが本物のスパイダーマンと鉢合わせし、互いに指を差し合うものがある。これを受けて、米国ではよく似た人や状況、場所などが同時に存在する場合や、比較する場合に「スパイダーマン同士が指を差し合うミーム」という言葉を使う。つまり、読み方によっては「日本人は見た目が一緒」と解釈される場合もある。

 このツイートに気が付いたMLB公式サイトや「ジ・アスレチック」などに寄稿するキム・スンミン氏が「有色人種をもっと雇え」とリツイート。すると、MLBはツイートを削除したが、すでにスクリーンショットなどが拡散した後だった。

 記事では、MLB公式ツイッターが写真に添えたキャプションを「問題の見出し」とし、「オオタニとイチローの共通点はほとんどない。何より、この2人が日本人だからと言って、瓜二つということにはならない」と断言。さらに、日頃から差別撤廃を掲げるMLBによる“失態”に対する米国内の反応を紹介した。

「ヒドイのは彼らが消去したことだ。認めもせず、なかったかのように振舞っている」

「なんてことだ。恥ずべきだ」

「このMLBツイッターを運営している人にはがっかりだよ」

 MLBが公式見解を出す用意があるのか、現時点では不明だが、国際化を目指すMLBだけに1日も早くこういった騒動がなくなることを願いたい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」