野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 岡山は創志学園が2年ぶり2度目の甲子園へ! 金山が驚異の5戦連発

岡山は創志学園が2年ぶり2度目の甲子園へ! 金山が驚異の5戦連発

第100回全国高校野球選手権記念大会は30日、岡山で決勝が行われ、創志学園が岡山学芸館を10‐2で破って2年ぶり2回目の夏の選手権出場を決めた。

本塁打、スクイズ…大技小技で岡山学芸館を圧倒

 第100回全国高校野球選手権記念大会は30日、岡山で決勝が行われ、創志学園が岡山学芸館を10‐2で破って2年ぶり2回目の夏の選手権出場を決めた。

 創志学園は1回に4番・金山の左前適時打と5番・金谷のスクイズで2点を先制。金山は3回にも適時打を放ち、6番・中山の適時打でさらに追加点。中山は6回にもソロ本塁打を放ち、金山は2回戦から5試合連続の本塁打。投げても140キロ台後半の速球を投げ込むプロ注目の2年生右腕・西が2失点完投。攻守ともに岡山学芸館を圧倒した。

 高田萌生(現巨人)を擁した2016年に初出場した甲子園では、4点を先行しながら盛岡大付(岩手)に逆転され8-11で初戦敗退。昨年は岡山大会決勝で、おかやま山陽と再試合の激闘の末敗れており、昨夏の雪辱を晴らす勝利となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」