野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が代打で空振り三振 16打席ぶり安打のバットで臨むも快音響かず

大谷翔平が代打で空振り三振 16打席ぶり安打のバットで臨むも快音響かず

エンゼルスの大谷翔平投手が29日(日本時間30日)、本拠地でのマリナーズ戦の8回に代打出場し、空振り三振だった。

8回に代打で登場も空振り三振を喫したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
8回に代打で登場も空振り三振を喫したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

5試合ぶりにベンチスタート、前日は最終打席に16打席ぶりヒット

 エンゼルスの大谷翔平投手が29日(日本時間30日)、本拠地でのマリナーズ戦の8回に代打出場し、空振り三振だった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 大谷は5試合ぶりにベンチスタートとなったこの日。マリナーズの先発は左腕ゴンザレスだった。試合はエンゼルス先発ペーニャが1/3回で7失点と大炎上。3回にも1点を加えられ、一方的な試合展開になるかと思われた。

 だが、5回にアップトンの21号2ランで2点を返すと、7回にアップトンとプホルスの連続タイムリー、さらにシモンズの犠飛で3点を奪う反撃を見せた。

 大谷は5-8と3点を追う8回1死走者なしの場面で、本拠地ファンの大歓声に包まれて登場。マリナーズ4番手コロメと対峙すると、フルカウントからの6球目90.9マイル(約146キロ)カットボールで空振り三振を喫した。

 前日、16打席ぶりのヒットを記録した練習用のバットを持って打席に立ったが、2打席連続の快音とはならなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」