野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷は「MLBの風景を一変させた」―「ミスターエンゼル」が新人王に推すワケ

大谷は「MLBの風景を一変させた」―「ミスターエンゼル」が新人王に推すワケ

エンゼルスの大谷翔平投手はルーキーシーズンの今季序盤戦、二刀流の活躍でアメリカでセンセーションを巻き起こした一方、右肘靭帯損傷の影響で一時は戦線離脱し、現在は指名打者としてのみ復帰を果たしている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

二刀流での新人王の可能性は…サーモン氏「規定打席に足りなくてもいける」

 エンゼルスの大谷翔平投手はルーキーシーズンの今季序盤戦、二刀流の活躍でアメリカでセンセーションを巻き起こした一方、右肘靭帯損傷の影響で一時は戦線離脱し、現在は指名打者としてのみ復帰を果たしている。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 当初は新人王も確実視された大谷だが、現在は打率.260、9本塁打、25打点、投手としては4勝1敗、防御率3.10という成績。ここにきて打率が下降しているが、2001年のイチロー(マリナーズ)以来となる日本人3人目のMLB新人王は誕生するのだろうか。

 エンゼルス一筋で現役時代には「ミスターエンゼル」と呼ばれたレジェンド、元外野手のティム・サーモン氏が単独インタビューに応じ、賞レースの行方を占ってくれた。

「オオタニには新人王獲得の可能性があると思う。彼は確かに故障で戦列を離れることもあった。しかし、後半戦に指名打者としてラインナップで貢献すれば十分に獲得できると思う。序盤戦の投手での貢献もあった。そうすれば、規定打席に足りなくてもいけると思う」

 1992年にメジャーデビューを果たしたサーモン氏は、2006年に現役引退するまで活躍。現在も地元テレビ局の解説者を務めている。1993年には新人王を獲得。エンゼルスで新人王に輝いた選手は、エンゼルスでは2012年のマイク・トラウト外野手と2人のみだ。

 サーモン氏はデビュー2年目の1993年シーズンに大ブレーク。打率.283、31本塁打、95打点と圧倒的な数字を残し、新人王に輝いた。

 大谷は右肘故障前に投手としての先発前後の試合は出場せず、それ以外の試合で指名打者として打席に立つのがルーティーンだった。故障前から打席数は足りなかったが、「打者・大谷」の放つインパクトは圧倒的だという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」