野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックスが6回に3点を奪い逆転! 岩本に3年ぶりの勝利なるか?

オリックスが6回に西野真弘内野手、安達了一内野手のタイムリーで逆転に成功。元阪神でBCリーグ福井から移籍した岩本輝投手に勝利投手の権利を手にした。

オリックス対楽天の試合経過
オリックス対楽天の試合経過

元阪神、BCリーグ福井から移籍した岩本が6回の1イニングを無失点

■オリックス ― 楽天(31日・京セラD)

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 オリックスが6回に西野真弘内野手、安達了一内野手のタイムリーで逆転に成功。元阪神でBCリーグ福井から移籍した岩本輝投手に勝利投手の権利を手にした。

 岩本は1点を追う6回に2番手としてマウンドに上がり1イニング無失点で切り抜けるとその裏に打線が奮起。2死二、三塁から西野がセンターを越えるに2点タイムリー三塁打を放ち逆転に成功すると、続く安達が左中間へタイムリー二塁打を放ち一挙3点を奪った。

 7回からは近藤が3番手としてマウンドに上がった。このままオリックスが勝利すれば岩本に阪神時代の2015年以来、3年ぶりの勝利を手にすることになる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」