野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元G仁志敏久氏も高く評価するオリ安達の守備 「バックハンドの使い方が…」

野球の花形ポジションの一つといえる「遊撃手」。広い守備範囲、強肩を生かしたプレーなど、見ているもの魅了するのが遊撃の守備だ。今季、パ・リーグではオリックスの安達了一内野手が堅実かつ大胆なプレーを見せチームを牽引している。

オリックス・安達了一【写真:荒川祐史】
オリックス・安達了一【写真:荒川祐史】

三遊間の当たりを処理する安達は「ワンバウンドで確実に取りに行く」

 野球の花形ポジションの一つといえる「遊撃手」。広い守備範囲、強肩を生かしたプレーなど、見ているもの魅了するのが遊撃の守備だ。今季、パ・リーグではオリックスの安達了一内野手が堅実かつ大胆なプレーを見せチームを牽引している。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 オリックス戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DAZN「野球ラボ」では「チームを救う守備の名手」に迫ると題し、日本を代表する“守備名人”たちを特集。巨人、DeNAで活躍しゴールデングラブ賞を4回受賞した仁志敏久氏が解説している。

 安達が持つ守備に対する意識は明確だ。「肩はあまり強くないので三遊間の当たりはノーバウンドで投げるのではなく、ワンバウンドで確実に取りに行くことができているので」。自らの長所、短所を理解し、確実にアウトを取るための動作に徹している。

 現役時代は日本を代表する二塁手として何度も好プレーを見せていた仁志氏も「バックハンドの使い方がすごく慣れている。あとはスローイングが安定しているということがおおいにある。特にショートの人は距離が出た時のスローイング、体を反転させるとか、複合的な動作が出た時に安定的に投げられるかどうか、それが(他の選手)違うのかなと思います」と安達の守備を評価している。

 パ・リーグではソフトバンクの今宮健太内野手が5年連続でゴールデングラブ賞を獲得している。仁志氏も高く評価する安達はその牙城を崩せるのか。高いレベルでの遊撃手争いにも注目だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」