野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス右腕スアレスが1軍復帰 ブルペン救世主となるか「やることは変わらない」

ソフトバンクのロベルト・スアレス投手が7日、今季初めて出場選手登録された。1年4か月ぶりの1軍復帰に「直接会って、挨拶ができてうれしい」と笑顔を見せた。

ソフトバンクのロベルト・スアレス【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのロベルト・スアレス【写真:荒川祐史】

昨年4月にトミー・ジョン手術を受けて長期離脱

 ソフトバンクのロベルト・スアレス投手が7日、今季初めて出場選手登録された。1年4か月ぶりの1軍復帰に「直接会って、挨拶ができてうれしい」と笑顔を見せた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1年目の2016年にはセットアッパーとして活躍。58試合に投げ、2勝6敗1セーブ26ホールドと大車輪の働きで貢献した。だが、昨年に開催された第4回WBCにベネズエラ代表として出場。3月12日メキシコ戦で登板した際、右腕を負傷して降板し、4月11日に右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けていた。

 手術後の長いリハビリを経て、ようやくたどり着いた1軍復帰。「長かった。精神的に強くならないといけなかった。体力的にも向上して戻ってこられたと思う」と話す。右肘の状態を聞かれると「ダイジョウブ」と、日本語で満面の笑みを浮かべた。

 守護神サファテ、セットアッパーの岩嵜が不在のブルペンは、加治屋蓮や森唯斗、嘉弥真新也らが奮闘しているが、台所事情は苦しい。チームは借金生活に突入するなど、2年前と状況は大きく変わっている。「状況は分かっている」という27歳右腕は「やることは変わらない。監督に求められるタイミングで全力を尽くしたい」と、チーム浮上のために献身することを誓った。

(佐藤直子 / Naoko Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」